抵抗力の弱い高齢者を守るために

高齢者向けの介護施設で働くのなら、衛生管理に細心の注意を必要とします。高齢な方々は体の抵抗力が弱いため、感染が広がると大きな被害に発展しやすくなります。特に気温が低下し空気が乾燥する冬季には、病気の蔓延を防ぐための対応法が必要不可欠です。

高齢者がいる介護施設で働くにあたり、どのような衛生環境維持のための対策方法があるか知識を身につけなければなりません。具体的な対策の一つが手洗いです。手には細菌が付着している可能性があり、その手で調理したり食事の介助を行うと、施設の利用者に感染させる恐れがあります。そこで介護施設や部屋への出入りの際には、手を洗う習慣を身につけましょう。多くの介護施設では、出入り口付近に手を殺菌するための消毒液を用意している場合が多いです。忙しく働いていると、うっかり手の殺菌を忘れてしまいがちな場面もあります。しかし意識して介護施設内の衛生環境を保つ意識は最重要であり、常に手の洗浄の心構えを持つことは忘れてはいけません。

その他、自身が具合が悪い時にはマスクの着用が必須です。高齢者たちの健康を守るためには、絶対に介護施設で病原菌を広げてはいけません。病原菌の感染拡大を防ぐためにも、マスクの着用は高い効果を発揮します。マスクを着用すると口中や喉の保湿保温に効果があるため、着用者の予防にも大変役立ちます。手洗いやマスクの着用により介護施設の高齢者の健康を守ると共に、自身の健康を守る心掛けも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です